Chelated Ruthenium Catalysts for Z-Selective Olefin Metathesis

Koji Endo and Robert H. Grubbs*

アメリカ、カリフォルニア工科大学のRobert GrubbsらによるRu触媒を用いたZ-選択的オレフィンメタセシス反応。NHCリガンド上のアダマンチル基が中心Ru金属とキレートすることにより、Z選択的な触媒となる(max 1:0.12)。ただし、酸素存在下では触媒が素早く失活する。

Published online: 12 May 2011
DOI: 10.1021/ja202818v

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中