Molecular Editing and Assessment of the Cytotoxic Properties of Iejimalide and Progeny

Julien Gagnepain, [a] Emilie Moulin, [a] Cristina Nevado, [a] Mario Waser, [a] Armin Maier, [b] Gerhard Kelter, [b] Heinz-Herbert Fiebig, [b] and Alois Fürstner* [a]

ドイツ、マックスプランク研究所のAlois FürstnerらによるIejimalide類縁体の構造活性相関のフルペーパー。前記事の全合成との二連報。収束的合成の恩恵に預かり、種々の類縁体の生物活性を測定。

Published online: 9 May 2011
DOI: 10.1002/chem.201100180

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中