Rate Enhanced Olefin Cross-Metathesis Reactions: The Copper Iodide Effect

Karl Voigtritter, Subir Ghorai, and Bruce H. Lipshutz*

アメリカ、カリフォルニア大学サンタバーバラ校のBruce LipshutzらによるCuI添加条件を用いたクロスメタセシス反応反応速度の加速効果の発見。第二世代Grubbs触媒を用いたクロスメタセシス反応において、Et2O還流条件ではCuI添加が反応速度を加速する。これは、ヨウ素によるリガンドの安定化効果とホスフィン配位子のスカベンジャーとしての効果であると推察。

Published online: 29 April 2011
DOI: 10.1021/jo200360s

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中