Total Synthesis of Dolabelide C: A Phosphate-Mediated Approach

Paul R. Hanson*, Rambabu Chegondi, John Nguyen, Christopher D. Thomas, Joshua D. Waetzig, and Alan Whitehead

アメリカ、カンザス大学のPaul Hansonらによるdolabelide Cの全合成。ビシクロ[4.3.1]ホスフェートを用いることでC2対象化合物を非対称化する。ホスフェートの開環反応ではPd触媒水素化反応及びCu試薬の付加が用いられる。

Published online: 29 April 2011
DOI: 10.1021/jo2003506

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中