Total Synthesis of Optically Active Lycopladine A by Utilizing Diastereoselective Protection of Carbonyl Group in a 1,3-Cyclohexanedione Derivative

Kou Hiroya*, Yoshihiro Suwa, Yusuke Ichihashi, Kiyofumi Inamoto, and Takayuki Doi

東北大学の廣谷功(現武蔵野大学)らによる(+)-lycopladine Aの全合成。ジオールの立体を利用したジアステレオ選択的なケトンの保護を鍵とする。α,β-不飽和ケトンの導入にはNicolaouらの手法を用いる。

余談ですが、土井研のHP(上記リンク先)では震災後の現在のラボの復旧状況がみられます。

Pulished online: 4 May 2011
DOI: 10.1021/jo200418y

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中