“Triazole Bridge”: Disulfide-Bond Replacement by Ruthenium-Catalyzed Formation of 1,5-Disubstituted 1,2,3-Triazoles

Martin Empting, Olga Avrutina, Reinhard Meusinger, Sebastian Fabritz, Michael Reinwarth, Markus Biesalski, Stephan Voigt, Gerd Buntkowsky, and Harald Kolmar*

ドイツ、ダルムシュタット工科大学のHarald Kolmarらによるジスルフィド結合の1,5-二置換 1,2,3-トリアゾールによる置換。SFTI-1のジスルフィド結合のミミックとしてトリアゾールを導入し、活性を維持することに成功。これまでの1,4-二置換ではなく、Ru触媒を用いた環化により1,5-二置換体を導入。固相合成においてのみ導入できたものの、低収率にとどまる。

Published online: 4 May 2011
DOI: 10.1002/anie.201008142

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中