Divergent Regioselectivity in the Synthesis of Trisubstituted Allylic Alcohols by Nickel- and Ruthenium-Catalyzed Alkyne Hydrohydroxymethylation with Formaldehyde

Cory C. Bausch, Ryan L. Patman, Bernhard Breit,* and Michael J. Krische*

ドイツ、アルベルト・ルートヴィヒ大学フライブルク校のMichael KrischeらによるRu触媒及びNi触媒を用いた二置換アルキンの位置選択的ヒドロヒドロキシメチル化反応。Ru触媒ではヒドロメタル化反応の後にヒドロキシメチル化が進行するのに対し、Ni触媒ではカルボメタル化によるメタラサイクルを生成し、還元的脱離により生成物となる。

Published online: 9 May 2011
DOI: 10.1002/anie.201101496

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中