Nickel-Catalyzed Three-Component Coupling between Aryl Aldehydes, Norbornenes, and Silanes Leading to Indanols through Aromatic C-H Bond Activation of Aryl Aldehydes

Kenichi Ogata,* Yuka Atsuumi, Daisuke Shimada, and Shin-ichi Fukuzawa*

中央大学の緒方賢一及び福沢信一らによるNi触媒を用いた3成分カップリング反応。ノルボルネンとアリールアルデヒドから生じるNiメタラサイクルが生じた後、アルコールがシリル基によりトラップされることでC-H官能基化が進行する。

Published online: 13 May 2011
DOI: 10.1002/anie.201101468

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中