A domino pericyclic route to polysubstituted salicylic acid derivatives: four sequential processes from enynones and ketene silyl acetals

Toshiyuki Hamura, Shin Iwata and Keisuke Suzuki*

東京工業大学の鈴木啓介らによるタンデム型付加環化反応を用いたサリチル酸誘導体の合成。エンイノン類とケテンシリルアセタール類より生じたシクロブテンの開環反応と異性化に続く6π電子環状反応にからなる。置換イノンの環化反応にはルイス酸が必要となる。

Published online: 19 May 2011
DOI: 10.1039/C1CC11758K

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中