Asymmetric Rh(II)-Catalyzed Cyclopropanation of Alkenes with Diacceptor Diazo Compounds: p-Methoxyphenyl Ketone as a General Stereoselectivity Controlling Group

Vincent N. G. Lindsay, Cyril Nicolas, and  André B. Charette*

カナダ、モントリオール大学の André CharetteらによるRh触媒を用いたアルケン類の不斉シクロプロパン化反応。p-メトキシフェニルケトン基が隣接基関与することにより立体選択性が発現。Xには強力な電子求引基が必要。

Published online: 6 May 2011
DOI: 10.1021/ja201237j

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中