Total Synthesis of (±)-Aspidophylline A

Liansuo Zu, Ben W. Boal, and Neil K. Garg*

アメリカ、カリフォルニア大学ロサンゼルス校のNeil Gargらによるaspidophylline Aの全合成。Diels-Alder反応により生じた[2.2.2]ビシクロラクタム環の開環反応と分子内Heck反応により[3.3.1]ビシクロ骨格を構築。水酸基を分子内ラクトンとして保護することで、鍵となる補足型Fischerインドール合成反応が進行し、望みの骨格を構築することに成功。

Published online: 9 May 2011
DOI: 10.1021/ja203227q

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中