Total synthesis of solanoeclepin A

Keiji Tanino,* Motomasa Takahashi, Yoshihide Tomata, Hiroshi Tokura, Taketo Uehara, Takashi Narabu & Masaaki Miyashita*

北海道大学の谷野圭持及び工学院大学の宮下正昭らによるsolanoeclepin Aの全合成。3~7員環を有し、合成序盤において3-6員環部位を構築する。鍵反応として、立体選択的なSimmons-Smith反応、分子内エポキシド開環反応による4員環の形成、分子内フランとのDiels-Alder反応、選択的酸化・還元反応を鍵とする。

Published online: 23 May 2011
DOI: 10.1038/nchem.1044

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中