An efficient synthesis of loline alkaloids

Mesut Cakmak, Peter Mayer & Dirk Trauner*

ドイツ、ルートヴィヒ・マクシミリアン大学ミュンヘン校のDirk Traunerらによるlolineアルカロイド類の全合成。鍵反応としてSharpless不斉エポキシ化反応、閉環メタセシス反応と渡環型アミノブロモ化反応が挙げられる。渡環型反応の際、立体構造によりブロモニウムイオン近傍にあるNBoc基のNが選択的に反応する。

Published online: 19th June 2011
DOI: 10.1038/nchem.1072

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中