Gateway synthesis of daphnane congeners and their protein kinase C affinities and cell-growth activities

Paul A. Wender,* Nicole Buschmann, Nathan B. Cardin, Lisa R. Jones, Cindy Kan, Jung-Min Kee, John A. Kowalski & Kate E. Longcore

アメリカ、スタンフォード大学のPaul Wenderらによるダフナン型化合物の合成研究。yuanhuapinのエポキシド立体異性体の合成に成功。分子内Diels-Alder反応により7員環を構築。保護基の活用によ、巧みに酸素官能基の差別化を達成している。

Published online: 19th June 2011
DOI: 10.1038/nchem.1074

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中